バランサーの装置でバランスをとる!~ハンドリング作業もスムーズ~

機器の仕組みをデータ化

女性

機材の仕組みを解析

リバースエンジニアリングは、電子機器の回路やソースコードなどを解析したり、通信機器間の電波情報などを解析する事によって、その機材の仕組みを解析しデータ化する事ができるサービスです。リバースエンジニアリングによる機器の内部構造を解析する事によって、例えば携帯電話の内部回路を調査したり、プログラムの動作を調べる事ができます。また解析情報をデータ化する事もできるため、その機器に関する多くの資料をリバースエンジニアリングによる調査解析によって得る事ができます。リバースエンジニアリング技術者は電子回路に組み込まれた部品の組み合わせを解析したり、テスターや専門の検査機器を活用したデジタル信号を解析する事によって電子機器の回路図を作成します。併せて、電子機器での信号のやりとりをデータ化して視覚的に確認できる事ができるようにもなります。

解析できるポイント

解析する事ができる主なポイントとしては、電気機器同士を通信させているシリアル信号、あるいはパラレル信号を解析する事ができます。また電子回路の構造を調査し、CAD(設計図作成ソフト)を活用した回路図を作成する事ができます。解析されたデータからは、機器製作に必要なコストを計算したり、内部構造を確認するための貴重な資料を得る事ができます。シリアルポートから送受信されているシリアル信号を解析する事によって、機器間において通信している電気信号を解析する事もできます。そのため、リバースエンジニアリングによって電気機器の内部回路からある特別なデータを取り出したり、視覚的に確認したりする事もできます。また、解析で得た資料を活用することで、古い電気機器やコンピュータを再び修理して活用する事ができるようにもなります。

Copyright© 2015 バランサーの装置でバランスをとる!~ハンドリング作業もスムーズ~All Rights Reserved.